|       

 

高性能イメージング

 

WolfVisionの VZ-9.4F および VZ-9.4L ビジュアライザーは、プレゼンテーションの中にマルチメディア コンテンツを織り込む方法を変えます。これらは無線LANとオーディオを搭載し、マルチメディアのプレゼンテーションと講義内容を完全に記録できるHD録画機能が優れた特長です。
VZ-9.4F は、ネイティブ 1080p HD 解像度、60フレーム/秒。VZ-9.4L は、ネイティブ WXGA/720p HD カメラ、30フレーム/秒で、被写体の配置が簡単な同期レーザーマーカーを搭載しています。
VZ-9.4 シリーズ ビジュアライザーは、vSolutionの中心的なコンポーネント オプションです。vSolutionとは、ビジュアライザー、ハードウェア、ソフトウェアのフレキシブルなコンビネーションを通して、高度であるけれども使いやすいプレゼンテーション技術によってより有効なコミュニケーションおよびコラボレーションを支援するソリューションです。
vz-9 4 main
vz-9 4


lecture capture

簡単なHD録画

VZ-9.4F / VZ-9.4L ビジュアライザーは、音声を含むすべてのプレゼンテーションを高画質、高音質で記録する機能を内蔵しています。
これは、企業内の訓練ビデオの制作や講義収録のための最も迅速で簡単なソリューションです。もう、三脚や照明やマイク、その他を用意する必要はありません。VZ-9.4 シリーズは、HD録画の「オール イン ワン」ソリューションです。





presentation

ユニークなマルチメディア プレゼンテーションの創作

録画機能はビジュアライザーのカメラとマイクロフォンのみではありません。ビジュアライザーのHDMIポートに接続されたPCやタブレットに収納されたパワーポイント、デジタル画像、Webページ、PDFなどのような外部のコンテンツは、音声と共に720p HD、30フレーム/秒で簡単に記録できます。






microphone

内蔵マイクロフォン / ライン入力端子

内蔵のマイクロフォンは音声の録音用に使えます。また、ライン入力端子を使って外部の音源を録音することも可能です。





flexible memory options

フレキシブルな記録オプション

記録された動画および静止画は、8GBの内部メモリに格納できます。これは、何千枚ものイメージ あるいは VIDフォーマットで平均10時間(内容による)のビデオフィルムを格納するのに十分な容量です。容量を追加したい場合は、USBスティックもしくは外付けのハード ドライブも記憶装置として使用できます。






wireless

便利な無線接続

VZ-9.4 シリーズ ビジュアライザーには、2.4GHz あるいは 5GHz チャンネル接続用無線LANスティックが付属しています。これにより、wifi にてスマートフォンやラップトップを迅速かつ簡単に接続でき、さらに、これらの機器と共にiPad用vSolution Connect アプリケーションを利用可能にします。





streaming

ストリーミングによる効率的な知識転送

VZ-9.4 シリーズもしくは、WolfVisionの vSolution Link ソフトウェアに接続されたビジュアライザーは、H.264, Motion JPEG または RTP Motion JPEG モードを使用し、イントラネットもしくはインターネットを経由して、コンピュータ、タブレット、スマートフォンのいずれかにビデオ/オーディオを配信できます。ビジュアライザーからの配信を受信する外部機器は、より大きな制御モニターとしても利用できます。






snapshot

スナップ写真 / 電子メール / 印刷

VZ-9.4F / VZ-9.4L でスナップ写真を撮り、WolfVisionのソフトウェアを使用して電子メールで送信したり印刷することができるので、プレゼンテーションの間に撮影された画像の迅速かつ便利な分配が可能です。





BYOD

"Bring Your Own Device" - iPad用vSolution Connect

ビジュアライザーとvSolution Connect (十分なマルチメディア コントロール ダッシュボードを備えた、強力で革新的なiPad用アプリケーション)を同期させてください。このユニークなアプリは、iPad上、あるいはDropbox に格納された資料をプレゼンテーションの中にシームレスに追加できるもので、1台の装置ですべての形式のメディアを統合し、制御できます。
詳細はこちら






synchronized lasermarkers

直感的な位置決め - 同期レーザーマーカー (VZ-9.4L のみ)

聴衆に語りかけながらワーキングプレート上に被写体を正確に配置するのは容易ではありません。VZ-9.4L は同期レーザーマーカーを搭載しているため、他のデスクトップ ビジュアライザーよりも配置が簡単。「ワンステップ」位置決めを実現します。
発表者はカメラの正確な撮影範囲を明瞭にマークするレーザー ガイドの間に被写体を置くだけで良く、正確な位置を確認するために被写体およびサブモニター、あるいは表示画面など多数のチェックをする必要はありません。





easy to use

簡単操作 / ズームハンドル

基本操作としては、カメラヘッドのズームハンドル(あるいはリモコンのズームキー)を動かすだけです。フォーカス、明るさ等、その他の調整はすべて自動的に行われます。






rotating head

回転するカメラヘッド!

VZ-9.4シリーズ ビジュアライザーは、本体の後方および前方のほぼどこにある被写体でも撮影できます。回転するカメラヘッドにより、事実上任意の角度からの撮影が可能です。また、高度の機械的なコンポーネントがカメラの取付を安定させ、すべての位置で振動のない録画を保証します。





dry-erase

書けるビジュアライザー! (オプション)

オプションとして、接着剤付きのホワイトボードタイプのワーキングプレートを利用できます。そのプレートを貼り付ければ、適切なホワイトボードマーカーおよび白板消しを使用して簡単に書いたり消したりすることが可能になります。ビジュアライザーはこうしてホワイトボードあるいは「デジタル フリップチャート」としても使えます。もちろん、この手書きの資料も他と同じく録画に含められます。
詳細はこちら






poe

効率的なエネルギー (PoE+)

LAN ポートはPower over Ethernet Plus (PoE+) を供給します。これは、IEEE802.3at産業規格準拠のデバイスと互換です。PoE+ はケーブルと設置費用を削減する一般的な方法です。






Newsletter


By subscribing to our newsletter, you agree with our PRIVACY POLICY and to share your e-mail address with WolfVision GmbH.
rauten-muster